製品レビュー


GoSafe 520 スタッフレビューのご紹介


みなさん、こんにちは!PAPAGO JAPAN のスタッフ T です。
今回は、世界が広がる革新的なワイドHDドライブレコーダー
「GoSafe 520」の製品をご紹介いたします。

まずは「GoSafe 520」 のウルトラワイドHDで
撮影された走行映像を見て見ましょう。


スタッフ T
PAPAGO!の秘密工場で
生産ラインに巻き込まれて
改造されたサイボーグ社員



■走行中の動画
・昼間撮影
・夜間撮影

商品パッケージはこちら!
新しい製品のパッケージは赤色が入った
ツートンカラーになってカッコイイ感じになりそうです。


この製品のポイントになるのは、
『ウルトラワイドHD録画』
『400万画素CMOSセンサー』
『最高解像度4M静止画撮影』
『防犯対策&安全安心機能』です。

本体のサイズは大きめ(98×61×39mm)ですが、
重さは約75g!とても軽くて設置しやすい印象を持ちます。

箱から同梱物を出してみました。 本体、吸盤式専用マウント、シガープラグ電源ケーブル
メモリーカード16GB、取扱説明書、保証書
ミニUSB←→USBケーブル


吸盤式専用マウントの可動域は








参考までに稼働範囲


それでは実際に車に取り付けてみましょう!


最初に、メモリーカードを本体にセットします。
メモリーカードの金色部分とPAPAGO!が同じ方向から
見えるようにしてから挿入してください。

 

 

 

 

メモリーカードをカードスロットの奥まで入ればセット完了です。


本体に電源ケーブルを取り付けてください。


フロントガラスの汚れを吹いてから、取付位置を決めます。
位置を決めてから、フロントガラスに専用マウントの吸盤部分を取り付けてください。

シガープラグ電源ケーブルを車のシガーソケットに
接続します。

車のエンジンをかけると本体が起動します。

初期設置で日本語を選択する。

日付と時刻の設定を行う。

メモリーカードのフォーマット実行の選択
メモリーカードが破損していないかチェックを兼ねて
チェックを行います。

初期設置が終われば、設置完了です。

MODEボタンを押せば切り替わるんです。
写真モード

プレイリストモード

録画モード

次に、PAPAGOの安全安心機能をご紹介します。

速度制限標識警告(動画と設定画面)

出発遅延警告(動画と設定画面)

ライト点灯忘れ警告(動画と設定画面)

ドライバ疲労警告(動画と設定画面)

音声の録音オン/オフ機能

動画再生ソウトウェア
PAPAGO CAM ON Player

ダウンロードはこちら


メモリーカードのフォーマット
設定メニュー画面から実行できます。
設定の初期化
設定メニュー画面から実行できます。

不具合かな?と思ったら
PAPAGOサポートチェックを確認してみよう!
ダウンロードはこちら